マンションを高く売却することができました

一般媒介と専任媒介の違い

マンション 売却マンション売却

不動産会社の買取は安くなってしまうことも : 一般媒介と専任媒介の違い : リノベーションをしたことで高く売ることができた

また多くの不動産会社から言われた専任媒介契約と言うのは、一般的にマンションなどを売却する場合に不動産会社が仲介をして販売をすることになり、買い手が見つかった場合に間に入って様々な契約を執り行うほか実際の商談なども進める役割を担う代わりに手数料を徴収する権利を持つというものです。
一般的な仲介には一般媒介と専任媒介があり、一般媒介の場合には不動産会社自身が見つけてきた買い手との契約については手数料を請求することができますが、その他のケースの場合には手数料を請求することができないのに対し、専任媒介の場合にはどのようなケースであっても必ずその不動産会社が仲介に入り手数料を請求することができると言う仕組みになっているということでした。
すなわち、多くの会社が専任媒介契約を望む理由は必ず自分のところに手数料が入るような仕組みを作りたいと言うことであり、そのために実際の物件の販売価格が上下するものでは必ずしもないと言う結論になったのです。